素人でもできる!アース棒の設置とアース線の通し方

アース棒の設置方法

 

アース棒を設置したい!アーシングマットを使いたい場所までアースまでが遠い!!

「どうやってアーシングケーブルを通したらいいんだろう?」

とお悩みの方!!

外にアース棒の取り付けから、素人でも家の中までアース線を簡単に通すやり方をご紹介します。

電化製品のアース棒を埋めるには、専門資格が必要ですが、このアース棒は人がアーシングするためのアース棒を地面に打ち込む方法なので電気関係の規則には属しません。なので電化製品のアースは繋げないでください。

 


 

riraku-life(リラクリフェ)のアース棒

アース棒を打ち込む際に、地下に配管などがある場合があります。
その配管がでてくるシーンもありますので、ぜひぜひみてみてください。

➡詳細ページはこちら

 

■アース棒30cm コード長さ15m【購入はこちら】 ■アース棒60cm コード長さ15m【購入はこちら】

アーシングは地面に立つだけでできるので、アース棒を埋める深さは、軽く刺すだけでもいいです。

実際は同じ地面でも電圧の差があります。
その地面が乾いていたり、深さの状態で測定器での電圧の数値が変わる場合がございます。

アース付きのコンセントとの違いは、アース付きコンセントは電気工事士さんが設置しています。深さ75cm以上で、専門の測定器で基準値以下に抵抗値を抑えています。

その為、わかりやすい言い方ですと、地面深くの方がアースする力が強いです。
アース棒でも深く埋める事で同じように設置できます。
その場合はアース棒を60~90cm以上深く埋めるのが理想です。
※穴の深さと棒の長さを計算した上での深さです。

敏感な方は、逆にアース棒を軽く刺すなどでアースする力を調整してください。


ホームセンターなどの市販のアース棒

アース棒を打ち込み、アーシングコードとの接続、アーシング製品への繋ぎ方の動画です。

こちらの動画では30cmほどしか掘っていませんが、理想は60cm以上の深さに埋めてあげるのが理想です。
ただ、アーシングは地面に立つだけでもできるので軽く地面に差すだけでもアーシングできます。

 

➡説明ページはこちら

 

 

 


 

①玄関からアース線を通す

②窓からアース線を通す

③1階から2階までアース線を通す

 


 

←もどる

アーシングマット・シーツ使い方一覧へ⇒