アーシンググッズをアースに接続する方法、アースの取り方について

アーシングマットを使用するにあたって必須のアースをとるということ!

身体電圧測定キットや、ご自身などでテスターをお持ちの方は、テスターで、アースが接地(地面にちゃんと地面に繋がっているか)の確認をしてからアーシングしてください。

基本的にアースが接地していれば問題ありませんが、ご家庭にアースがあっても必ず接地しているとは限りません。

確認しない場合は、万が一の為、アーシンググッズ単体でアースに接続してください。

アーシンググッズをご利用の方が必ず、アースの接地を確認しているわけではないのでこのように説明させていただいております。

 

 

●アーシンググッズとアースの接続方法●

安全性に関しては、アース棒でも、ご家庭にあるアースに接続してもアーシングしている状態は全部同じです。

他社さんで、「危険な電気コンセントを利用することなく安全で安心のアーシングができるように」なんて商品説明がございますが、アーシングしている状態の条件は変わりませんのでどこからアーシングしても条件は同じです。

 

最近わかってきたことで、アースの深さ、60cm以上はあった方がいいようです。

業者がアースを設置する際に75cm以上の深さという決まりがあるので、ご家庭のアースは深く埋まっています。

 

※稀に、敏感な方で外でのアーシングは気持ちよくできたのに、コンセントのアースでアーシングしたら、だるくなったり、寝ているときに何回もおきたり、すぐに気持ちが悪くなったり、ビリビリ嫌な感じがする人は③水道からまたは、④鉄筋に繋がっている場所から接続してアーシングしてください。初めは③水道の方がいいかもしれません。
すぐに気持ちが悪くなったりした場合は、植物を触ったり、外でアーシングすることですぐにもとに戻る事が多いです。
コンセントのアースよりゆっくりアーシングができるイメージですので、この接続方法で解決する場合が多いです。

それでも駄目な場合はアーシングが合わない可能性も考えられます。

①家の中のアースに接続する

まず、だいたいどこの家庭でも1つはついているであろうの洗濯機、電子レンジ、エアコンなどのコンセントの下にあるアースです。

※動画内のシーツの接続方法でシーツクリップの説明がございますが、なくても問題がないので今は付属しておりませんのでご了承ください。

 

アースの接続タイプ

●ドライバーでねじ込むタイプ
%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ad%e3%81%98

●線の先をねじって差込むタイプ
%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%95%e3%81%99

●アースの差込口に入れるタイプ
%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%95%e3%81%993%e5%8f%a3

 

 

 

 

②アース棒でアース接続をする

アース棒は安いものでは300円ほどで買えます。

アーシング専用のものでなくても大丈夫です。やり方をご紹介します。

こちらの動画ではあまり深く掘っていませんが、理想は60cm以上の深さに埋めるのがいいようです。
ただ、アーシングは地面に立てばできるので、そこまで深く埋めなくてもアーシングできます。

この場合は確実に地面に繋がるのでアーシングには最適な接地方法です。

実際はその地面が乾いていたり、深さの状態でちゃんと取れない場合があります。
湿っている地面に垂直に出来るだけ深く埋めればいいという事だと思います!

業者がやる場合は75cm結構掘ってアースを埋めると決まりがあるようですので個人でやるにはそれなりにはなってしまいますが、これでアースをとった場合は100%じゃなくてもアーシングできます。

※アース棒を打ち込む際、地価に配管などがないか必ず確認してください。地下を通っている配管をアース棒で刺して壊してしまったら大変な事故に繋がりかねますよ!!

 

 

 

 

③水道からアーシングができます。

水道では、地面に繋がっていない場合でも0Vになっている場合があります。
コンセントにあるアースより、抵抗は大きいので、アーシングの力としては弱いです。
3階建て以下の建物で水道菅が金属製の場合はアースしている可能性があります。

電化製品ではないので大丈夫なのですが、水道菅から電化製品のアースを接続するのは基本で禁止されています。
その理由は昔は水道管が鉄だったため、水道管にアース線をグルグル巻きつけるとそこにグルグル電界ができて水道管に穴が空いてしまうことがあったそうです。
人のアーシングなので穴は空かないはずですが、本来アースとしては使用してはいけない法律になっていますので電化製品のアースは接続しないようにご理解の上お願いいたします。

 

準備するもの


・水道接続セット

 

接続イメージ

 


身体電圧測定キットで赤い方をコンセントのプラス側に差し、黒い方を水道のステンレス部分にしっかりとくっつけます。
「100V」前後になればアーシングができます。


水道の土台がステンレスの場合は水道とくっついているので、水道と同じように「100V」前後になります。

パッチと4mmボタン変換コードをくっっ付けます。

こんな感じでビニールテープなどで水がかかっても大丈夫なように固定します。
※水がかかっても全く問題ございません。

 

あとは、この4mmボタン変換コードにアーシングコードを接続し、アーシングができます。

表側が布のような生地の為、水分を吸ってしまいます。

上からビニールテープなどで固定すれば外れません。

 

 

 

④鉄筋コンクリートの建物の場合、サッシや、ベランダの手すり、玄関の蝶番などが鉄骨に繋がっている場合、アースが接続できる場合があります。

水道と同じようにテスターで調べると簡単にわかります。

接続方法も水道と同じようにすると簡単に接続できます。

 

⑤家の廊下などにコードが見えるのが嫌な方などは、業者に頼んでお部屋にアースの増設などを頼むこともできます。

業者に頼む際、できるだけ安くする方法。

アース内蔵のコンセントの場合、5000~8000円ほど、
アース非対応のコンセントの場合、10000円~30000円ほど

と言われています。

よくインターネットで全国対応の電気屋さんもございますが、こちらはそのサイトが全国の町の電気屋さん、電気工事士と提携していて、紹介する形なので紹介料の分値段が高くなる場合がございます。

工事費用を安くする方法は、お住まいに近い場所の町の電気屋さんや、電気工事業者を何社か問い合わせて、見積もりをもらいます。
そして料金を比較することで、工事費用を抑えることができます。

 

間違った接続方法のご紹介です。

 

これは一番やっちゃダメなやつです。

家庭用の2口コンセントのアース側からアーシングはおすすめしません。

 

その理由はコチラ

家庭用の2口コンセントのマイナス側からのアーシングはおすすめしない理由

 

 

 

 

アーシング製品使い方一覧へ⇒