身体の静電気の測り方

タイトルは「身体の静電気の測り方」とありますが、静電気は特殊な測定器でないと測れません。

まず、初めに静電気とは、皆さんがよく知っている、特に冬などによくある、金属をさわると「パチッ」となる静電気。
これは、身体の表面に溜まった静電気で、アースに触った瞬間、または、木や、アスファルトなど少しでも電気を通すものに触った瞬間に逃げてしまいます。

その他に、体内静電気というものもあります。

電磁波による影響で体内に電気が溜まる。

その他にも静電気は擦れることによって発生しますので、
人は電気信号で動いていて、筋肉はこすれあって動きます。血も血管の中をこすれて通っています。それぞれこすれあって微量の静電気を発生しています。
その静電気が脂肪に溜まります。
脂肪は電気を通しにくいので脂肪に静電気が溜まってしまうのです。
その静電気やその場所の電磁波による電気をアーシングすることにより、外に逃がしてあげる事ができます。

こちらの本にアーシング本とは違う視点でわかりやすく体内静電気の事が書かれています。
その他、効果も載っているので一度この本を読んでからまたアーシング本を読むと違う見方もできるので併用して読むといいかもしれません。

体内の電気はアーシング用に売っている身体電圧測定器では測れません。

では、

youtubeや他社などがテスターで“体内電圧”や“身体電位”を測ると言っているものとはまずなんなのか?

いかにも体内の電位を計って、アーシングするとその体内の電位がさがったかのように、測り方と「数値が下がりましたよ」とだけの説明ばかりです。
アーシングをやめると数値は戻ります。
何を計っているのか?なぜ数値が戻るのか?しっかりとした説明もなく、ただただ・・・。

電気の専門家からみたらに素人がなんか胡散臭いことやってると思われてしまいます。

まずその“身体電位”と言っているのはなんなのか理解するところからはじめましょう!
※以下、当社は測定しているのは電圧なので身体電圧と呼びます。

ちゃんと説明するとややこしく、むずかしいので簡単にご説明します。

テスターで測定している身体電圧とは・・・測定場所の電磁波による、身体の表面にある電圧になります。測定場所の環境の電圧です。

電化製品が電源が入っていて動いている、電気が通っている電線などはその周りに電磁波を発生します。その電磁波の中には電圧があります。
その電圧を誘導電圧といいます。

なので、測定しているものは、その誘導電圧になります。

静電気は微量で例えばアースに繋がっているテスターの棒を触っただけでも逃げていってしまします。
もちろんアーシングすればすぐに逃げていってしまいます。
なので静電気を計ろうとするには特殊な装置でしか計れません。

身体電圧測定はその場所の電圧を測り、アーシングすることでその電圧はアースに流れるので数値が下がるのです。

アーシングをやめると数値が戻るのはその場所の電圧を測っているので戻るということになります。

よく、数値が0Vになる写真や動画がありますが、アーシングコードに抵抗がないものや、当社の製品のように安全性の為にアーシングコードに抵抗が内臓されていても数値が0Vになるいい条件が整っている為か、測り方が間違っているかのどれかです。

なぜかと言うと、人も電気信号で動いているため、同じように電気を発しています。人も常に動きがある為、つねに電圧発生しています。

なので本来、理論的には0Vなる事のほうが考えずらいと言うことになります。
条件がよくても0.001~0.003Vなど微量な電圧は測定されると考えていいでしょう。

下がったときの数値が高かったり低かったりするのは、その場の電圧の高さや、人によっても変わってきます。

そしてそれを計るテスターによっても微妙に数値が変わってきます。

もちろん身体電圧を測定し数値が高ければ、電磁波による影響も高いという事になりますが、身体電圧を測定し、結果何Vでも、下がればアーシングができているという事になります。
大地と繋がり、アースしていることさえわかればいいのです!

そして実は!高価な身体電圧測定器なんて使わなくても格安テスターでも問題なく身体電圧は測れるんです!

さて、本題に戻ります。

アーシングするにあたって測ってみたい身体電圧。

アーシングマットを使って本当にアーシングできているのか?

身体電圧が下がっているのか?

これを数字で実感することはとても大事です。

実際に身体電圧を測って、「あっ、下がってる♪」と自分で目にみて、そして体で感じることによって相乗効果で効果は上がります。

身体電圧を測るには、身体電位測定器という専用の身体電圧を計るものが売っています。

が、、、お値段が2万弱~3万円ほど!!
もっと専門のものは10万とかします!!

これはアーシングジャパンさんで出している専用テスター

こちらは身体電位測定器

「そんなの高くて買えないよ!!」

という方、ご安心ください!実は身体電圧測定器という専用の身体の静電気を計るものは高価なデジタルマルチメーター(デジタルテスター)であることが判明!!
それに手で握る棒と、コードが長いのが付いているから専用に見えますが・・・。

高価なものほどは精度はよくありませんが、最近のデジタルマルチメーターは安くても精度がそこそこいいのです。
お値段2000円ほどのデジタルマルチメーターでも充分に身体電圧を測定できます。

デジタルマルチメーターでもなんでも言い訳ではないんです。
0.000まで計れるテスターを選びます。あとはとにかく専門知識がないので手動レンジ、オートレンジと言う計るときに小数点の位置を設定するのですが、手動レンジだとよくわからないので、オートレンジという小数点の位置をオートで動かしてくれるものがいいと思います。
あとは精度的な確度というのがあるのですが、ややこしすぎるので気にしないでください。
最近のデジタルマルチメーターは安いものでもそれなりに精度はいいのでとりあえず身体電圧を計ってみたいという場合にちょうどいいですね。
コンセントチェッカーをお勧めしている業者さんもいますが、あれは制度が悪すぎます。
しかも、目安としてですが、デジタルマルチメーターでアースが接地されているかのも確認できるので一つあるとアーシングには非常に色々と役に立ちます。

アースがちゃんと接地されていないとアーシングの意味がないですからね!

当社で簡単にコードを接続してできる身体電位測定キットを販売してます。

身体電圧測定キット3680円です!気になる方はクリック!
それは↓↓↓こちら↓↓↓に確認方法が説明してあります。
※動画では電圧を電位と言っていますが、同じ意味なので気にしないでください。

※テスターで電圧を測定するのは、黒い方と赤い方の電圧の差を測定しています。

※アースが地面に繋がっているかはこの測定方法では確認できませんので必ずアースが地面に繋がっているか確認をしてから身体電圧測定をしてください。

※7月5日より身体電圧測定キットの機種が新しくなりました!
申し訳ございません、動画の作成中です。しばらくお待ちください。
測定値の表示が見やすくなり、電源の入れ方が少し変わりましたが、接続方法は同じです。

電源の入れ方は説明書を読んでお使いください。

 

テスターだけお持ちの方は、テスターの黒い棒の方を別で銅線を用意して延長させてアースまで繋げる事ができれば同じことになります。

測定するとき、テスターの黒い棒はアーシングマットなどのアースと同じアースからとってください。

※注意※テスターとアーシングマットなどのアースを別々のアースに接続して測定すると、アースは全て同じ0Vではありません。それぞれのアースにも電圧の差がありますので、アーシングしても数値が上がってしまう事があります。

 

 

sbm2008

ドイツ建築生物学協会の電磁波ガイドラインSBM2008というものによると、

問題ない体内電圧数値は0.01V以下
少し問題があるのが0.01~0.1V
(これは過敏な人の場合、なんらかの症状が出ることもある程度の電圧とされています)
かなり問題あり0.1~1V
重症1V~

とありますが、私がアーシングマットにのる前は2V超えと重症??

いえいえ、そんなことありません。

というか、ここの表記では体内電圧とありますが、何度も言いますが、測定しているのはその場所の体表面の電圧です。

なので根本的に違います。ドイツ建築生物学協会の電磁波ガイドラインSBM2008の基準は全く基準になりません。

測定しているのはその場の環境の電圧になりますので、測定する場所や条件で数値が全然変わってきます。

場所によってはアーシング前は2V~3Vでアーシングしても0.1~0.6Vまでしか下がらなかったり、アーシング前1Vでも0.4~0.6Vまでしか下がらない事もあります。
これは、アーシングコードに安全性の為抵抗があるためなので下がらないというのは特に問題ありません。
抵抗というのは電気の通り道をある一定量以上流れないようにするためのもので、そのある一定量より多い電圧だとそれ以上は下がらないという事です。
もちろんアーシングコードに抵抗が内臓されていないものであれば、0.001V~0.006Vなど下がりますが、万が一の安全性は製品としては必要です。

アーシングの本来の目的は電磁波対策だけではなく、体内静電気を逃がし、大地と繋がり地球の電子を身体に取込むことなので、正しくアーシングマットを繋げて数値が下がればアーシングされているという事なのでそこまで気にする必要はありません。

測定についていろいろ判り次第更新していきますのでたまにチェックしてみてくださいね!

いろいろな場所で計ってみると面白いので試してみてくださいね!

アーシングマット使い方一覧へ⇒