家庭用の2口コンセントのアース側からアーシングがおすすめできない理由

%ef%bc%92%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84001
家庭用の2口コンセントのアース側からアーシングは絶対におすすめしません。

地球の電界は、主に継続的な直流(DC)であり、場を形成しています。
歴史を通して、私たち人間も含めて地球上の生命はみな、この微妙な場に生物学的に同調しています。
これと比較すると、アメリカ合衆国の家庭用配線システムは、毎秒60サイクルの交流(AC)を使用しています。
世界の他の場所では、毎秒50サイクルが一般的です。
超長波や低電力でない限り、交流は私たちの身体には合いません。
交流(AC)を含む人間が作り出すほかの環境電磁界は、さまざまなストレスに関係した反応と病気を引き起こす恐れがある要因として研究されています。
(P.344から抜粋)


こちらの340~355ページに詳しく説明してありますので参考にしてください。

毎秒60サイクル、50サイクルというのは周波数の事で、日本では、東京と大阪を中心に50ヘルツ、60ヘルツとあります。
家庭のコンセントは交流電源(AC)で50ヘルツか60ヘルツです。
交流電源は人には合わないということです。

 

アーシングの考え以前に、電気的にみてもアースにも種類があり、それぞれの役割が違います。
コンセントは2つの穴を両方使うものです。

片方だけ使ってしまうと回路的にもおかしくなってしまいます。
下記リンクにも記載がございますが、そのような使い方は、一般の人が罰せられることはございませんが、内線規程でも違反行為にあたります。

 

コンセントのマイナス側で身体電圧測定をして数値が下がるのは、コンセントのマイナス側がアースされているというからではなく、
コンセントのマイナス側がアースに繋がっているのは、大地と同じ電位(基準の0Vを作る為)にする為です。
下記の図もご覧ください。

下記Yahooの知恵袋ですが、第3者の専門家からみた意見が載っています。
とても興味深い内容が記載しています。下記、2つのページをお読みください。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14151883519?page=1#sort

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12151883412

 

 

中性線にアースを接続しては絶対ダメです。
もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流にます。
当然漏電ブレーカーは落ちます。(p355から抜粋)

と、このようにも書かれています。

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%9b%9e%e8%b7%af01

非常に大まかで簡単な説明にはなりますが、上の図のように電気は行って帰ってきて±0になります。

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%9b%9e%e8%b7%af

上の図のように、この円の中に2口コンセントのアース側からアースだけをとると、電気回路図がおかしくなり、この円の中の±がおかしくなり、漏電ブレーカーで漏電と判断されブレーカーが落ちるという事ですが、実際人の静電気の量は微量なので、どれくらいで止まるかはわかりませんが、10人位でも止まる事はないかもしれませんが、そのような危険性があるということも理解しておいてください。

 

 

先ほどのアーシング本の
「交流(AC)を含む人間が作り出すほかの環境電磁界は、さまざまなストレスに関係した反応と病気を引き起こす恐れがある要因として研究されています。」
から下記のようなことも考えられます

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%9b%bb%e6%9f%b1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9
上の図のように、そのなかの2口コンセントでのアースは、電柱の箱のようなもの(トランスまたは変圧器と呼ぶ)に繋がっています。

黒線・赤線=プラス
白線=アース(中性線)

図を見ると、中性線アースされていますが、それは、中性線とアースが同じ電位(基準の0V)になるようにする為です。
そのトランスは周り1つの家だけではなく、周辺の各家にも繋がっています。その各家庭のテレビ、パソコン、電子レンジなどあらゆる電化製品と繋がっているという事になります。
それらの電化製品からの電磁波やノイズなどが混ざってグルグル回っているイメージです。
それら、ノイズなどを取り込んでしまう事も考えられます。

 

 

 

 

 

せっかく手軽にできる最強の健康法なので、正しくおこないましょう!!

アーシングマット使い方一覧へ⇒