家庭用の2口コンセントのマイナス側からのアーシングはおすすめしない理由

家庭用の2口コンセントのマイナス側からアーシングはおすすめしません。

 

根本的に、
2口のコンセントは交流です。
アースは直流です。
人は直流ですので、直流は合いますが、交流は人には合わないのです! 

 

 

 

コンセントは、電信柱の箱(柱上トランス)に繋がっています。送電線に流れている電圧は6600Vあります。
それを柱上トランスで200Vにしたものを100Vずつに分けているイメージです。
柱上トランス、中性線はそれぞれアースが繋がっていますが、一般家庭では、A種、B種、D種と種類が分かれていてそれぞれ役割が分かれているんです。

A種接地は工事の際などの感電、落雷などのときの為に、
B種接地は柱上トランスが故障した時、100V側に6600Vが流れないようにするため、中性線を0Vにする為
D種接地は電化製品が漏電したときに人が感電しない為に、漏電した電気を逃がしてあげる

柱上トランスに、上の図では2件の家が繋がっていますが、2件だけではなく、周りの家何件もの家が繋がっていて、各家の冷蔵庫、電子レンジなどの電化製品が一緒に繋がっています。

なぜアーシングにならないかというと、上の図のオレンジの矢印のように電気は流れています。
この中で各家で使っている電化製品のノイズが発生し、ぐるぐる回っているイメージになります。

同じ柱上トランスに繋がっている家で、電化製品が沢山使われていたり、電気を多く使う電化製品が使われていたり、送電線が近くにあったりすると、ノイズが多くなったりします。

2口コンセントでアーシングをして調子がいいという方もいますが、体調に不具合が出る方もいるというのは、ノイズを多くてひろってしまっている為かと思われます。
調子がいいという方でも、少なからずノイズが混じっている状態でアーシングしています。
そして、万が一、柱上トランスが故障したら事故になる可能性も考えられます。

中性線も電圧を測ると0Vだから同じではないのか?と思われるかもしれませんが、アースが地面に繋がっているかを確認するために電圧を測定して、0Vになるからアースは地面に繋がっているという事を確認するためであり、中性線が0vかどうかを確認するのとは違います。

電化製品からでるノイズは体によくありません。

中性線(B種接地)では電化製品からでるノイズは除去できません。
アース(D種接地)では電化製品からでるノイズの除去ができます。

このような違いもございます。

※ノイズというといろいろな種類ができますので、ここでは電化製品からでる電気ノイズのお話になります。

アースがなければ、ご自身でアース棒や、水道からもアーシングはできますし、町の電気屋さんでアースの増設をしてもらうと状況によって違いはありますが、5000~30000円の間でお部屋にアースの増設をしてくれます。

 

あと、このような使い方を推奨している方もいらっしゃいますが、


コンセントは2つの穴を両方使うものです。

片方だけ使ってしまうと回路的にもおかしくなってしまいます。
下記リンクにも記載がございますが、そのような使い方は、一般の人が罰せられることはございませんが、内線規程でも違反行為にあたります。

万が一プラス側とマイナス側を間違えたら感電します。(ビリビリしなくても感電はしています)

 

第3者の電気の専門家からみた意見

「コンセントの接地側に差し込むと感電する可能性が高くなります 決して使用しないでください 内線規程などでもそういった使用方法は違法行為に該当します 静電気除去の為ではコンセントからでは逆効果です 必ず専用のアースでの使用が基本です 電入部品が静電破壊起こしやすくなりますよ」

「一般的にコンセントのマイナス側はB種接地されており大地とは同電位です。 (要は触っても感電しません) 家庭のD種接地と一応はつながっていますが、接地極からの距離がありますし工事屋が時々LとNを間違えて繋いでいることもあるのでそこからアースをとるのは危険です。 素直に接地極を埋めるか、冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機などのアース端子から接地をとりましょうね。」

「アースはアースでも、コンセントの片側は変圧器2次側のB種接地と言って、電力所有の変圧器で接地が施されているものです。本来の感電防止などのアースとは別物です。 あなたが使用すべきアースは、コンセントの差し込み以外にある接地端子。洗濯機か電子レンジ、冷蔵庫などのコンセントにあるアースです。このアースは電源とは別に施工されています。法的にはD種接地と言います。 コンセントに差し込んでアースをとるなんて、へたすると感電事故おこしますよ。絶対にやってはいけません。」

 

 

人がアーシングするくらいでは基本的には漏電ブレーカは落ちませんが、原理的には下記のような感じになります。
%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%9b%9e%e8%b7%af01

非常に大まかで簡単な説明にはなりますが、上の図のように電気は行って帰ってきて±0になります。

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%9b%9e%e8%b7%af

上の図のように、この円の中に2口コンセントのアース側からアースだけをとると、電気回路図がおかしくなり、この円の中のプラス、マイナスがおかしくなり、漏電ブレーカーで漏電と判断されブレーカーが落ちるという事ですが、実際人の静電気の量は微量なので、どれくらいで止まるかはわかりませんが、10人位でも止まる事はないかもしれませんが、そのような危険性があるということは理解しておいてください。

 

 

 

 

せっかく手軽にできる最強の健康法なので、正しくおこないましょう!!

アーシングマット使い方一覧へ⇒