家庭用の2口コンセントのマイナス側からアーシングが本物のアーシングにならない理由


家庭用の2口コンセントのマイナス側からアーシングは絶対におすすめしません。

アーシングにはなりませんのでご自身でしっかりお調べください。

※他社製品で高価な電化製品の電磁波(電場)をカット(除去する)機械などがございます。
その機械に繋げてアーシングができるという商品もございますが、繋がっているのは結局2口のコンセントです。
電化製品の電磁波を除去する機械は電化製品の電磁波を除去するにしても、正直、アースを取れば必要ありません。
お部屋にアースがないという理由でそのような機器をお使いになってアーシングする方もいらっしゃいますが、まずアーシングができないお家はほとんどありません。

アースがなければ、ご自身でアース棒や、水道からもアーシングはできますし、町の電気屋さんでアースの増設をしてもらうと状況によって違いはありますが、5000~30000円の間でお部屋にアースの増設をしてくれます。
高価な機械で間違ったアーシングするより、状況によっては半分ほどの値段で、正しいアーシングができます。

 

 

コンセントは、電信柱の箱(柱上トランス)に繋がっています。送電線に流れている電圧は6600Vあります。
それを柱上トランスで200Vにしたものを100Vずつに分けているイメージです。
柱上トランス、中性線はそれぞれアースが繋がっていますが、一般家庭では、A種、B種、D種と種類が分かれていてそれぞれ役割が分かれているんです。

A種接地は工事の際などの感電、落雷などのときの為に、
B種接地は柱上トランスが故障した時、100V側に6600Vが流れないようにするため、中性線を0Vにする為
D種接地は電化製品が漏電したときに人が感電しない為に、漏電した電気を逃がしてあげる

柱上トランスに、上の図では2件の家が繋がっていますが、2件だけではなく、周りの家何件もの家が繋がっていて、各家の冷蔵庫、電子レンジなどの電化製品が一緒に繋がっています。

なぜアーシングにならないかというと、上の図のオレンジの矢印のように出来は流れています。
この中で各家で使っている電化製品のノイズが発生し、ぐるぐる回っているイメージになります。

同じ柱上トランスに繋がっている家で、電化製品が沢山使われていたり、電気を多く使う電化製品が使われていたり、送電線が近くにあったりすると、ノイズが多くなったりします。

2口コンセントでアーシングをして調子がいいという方もいますが、体調に不具合が出る方もいるというのは、ノイズを多くてひろってしまっている為かと思われます。
これは当社の製品をお使いの何人ものお客様からも2口のコンセントや、電化製品の電磁波を除去する機械でアーシングしたら調子が悪くなったが、正しいアーシングをしたら本当に調子がいいというお話を直接お話を何件も頂いています。

調子がいいという方でも、少なからずノイズが混じっている状態でアーシングしています。
そして、万が一、柱上トランスが故障したら事故になる可能性も考えられます。

中性線も電圧を測ると0Vだから同じではないのか?と思われるかもしれませんが、アースが地面に繋がっているかを確認するために電圧を測定して、0Vになるからアースは地面に繋がっているという事を確認するためであり、中性線が0vかどうかを確認するのとは違います。

電化製品などのノイズは体によくありません。

中性線(B種接地)ではノイズは除去できません。
アース(D種接地)ではノイズの除去ができます。

このような違いもございます。

 

 

アーシングの有名な本にも、あいまいには書いてはありますが、中性線は交流電源です。
交流電源は人には合わないと書いてあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

地球の電界は、主に継続的な直流(DC)であり、場を形成しています。
歴史を通して、私たち人間も含めて地球上の生命はみな、この微妙な場に生物学的に同調しています。
これと比較すると、アメリカ合衆国の家庭用配線システムは、毎秒60サイクルの交流(AC)を使用しています。
世界の他の場所では、毎秒50サイクルが一般的です。
超長波や低電力でない限り、交流は私たちの身体には合いません。
交流(AC)を含む人間が作り出すほかの環境電磁界は、さまざまなストレスに関係した反応と病気を引き起こす恐れがある要因として研究されています。
(P.344から抜粋)


こちらの340~355ページに詳しく説明してありますので参考にしてください。

 

 

あと、このような使い方を推奨している方もいらっしゃいますが、


コンセントは2つの穴を両方使うものです。

片方だけ使ってしまうと回路的にもおかしくなってしまいます。
下記リンクにも記載がございますが、そのような使い方は、一般の人が罰せられることはございませんが、内線規程でも違反行為にあたります。

万が一プラス側とマイナス側を間違えたら感電します。(ビリビリしなくても感電はしています)

 

下記Yahooの知恵袋ですが、第3者の専門家からみた意見が載っています。
とても興味深い内容が記載しています。下記、2つのページをお読みください。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14151883519?page=1#sort

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12151883412

 

 

中性線にアースを接続しては絶対ダメです。
もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流にます。
当然漏電ブレーカーは落ちます。(p355から抜粋)

と、このようにも書かれています。

人がアーシングするくらいでは基本的には漏電ブレーカは落ちませんが、原理的には下記のような感じになります。
%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%9b%9e%e8%b7%af01

非常に大まかで簡単な説明にはなりますが、上の図のように電気は行って帰ってきて±0になります。

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%9b%9e%e8%b7%af

上の図のように、この円の中に2口コンセントのアース側からアースだけをとると、電気回路図がおかしくなり、この円の中のプラス、マイナスがおかしくなり、漏電ブレーカーで漏電と判断されブレーカーが落ちるという事ですが、実際人の静電気の量は微量なので、どれくらいで止まるかはわかりませんが、10人位でも止まる事はないかもしれませんが、そのような危険性があるということは理解しておいてください。

 

 

 

 

せっかく手軽にできる最強の健康法なので、正しくおこないましょう!!

アーシングマット使い方一覧へ⇒