アーシンググッズを使用して具合が悪くなる人の対処方法

アーシンググッズを使用して具合が悪くなる人がいます。

アーシングしながら寝たり、長い時間アーシングをして、

軽い人は、翌日1日中眠い、ダルいとかですが、寝ているときに何度も起きてしまう、という方がいらっしゃいます。

すごく敏感な方はまれに、アーシングしてすぐに、ピリピリではなく、ビリビリする、気持ちが悪くなる、という方もいらっしゃいます。

すぐに具合が悪くなった場合のすぐの対処方法は、外でアーシングしたり、家の中の植物などを触るとすぐに落ち着く事が多いです。

 

快適にアーシングをする対処方法

体に悪い反応がでる人の多くの人は、はじめは長い時間やらずに、少しずつ体慣らしてあげたり、我慢できる人は我慢して体を慣らすというのはよく言われています。

すこしだけダルくなるくらいであれば、我慢して続けてもいいかもしれませんが、

接続先を変えることで、快適にアーシングができるようになる人がほとんどです。
水道が0Vになるかを確認できれば、水道からアーシングしてください。
水道は地面に繋がっていませんが、配線ではないという事、0Vであれば抵抗が大きい0Vなのでイメージとしてはゆっくりアーシングができるイメージです。

水道続用セット パッチ 4mmボタンコード

 

それでも駄目な方は屋内でのアーシングが合わないか、その場所の電磁波や、地面の環境が悪いのでおやめください。

 

考えられる原因

アースはアースから入り込んでくるノイズ、
アースから入り込んでくるノイズはアーシングコードの抵抗器が除去、低減してくれます。

その他に、アースが集めてしまうノイズなどもあります。導電性のある所にある所にあつまるノイズなどもあります。

電磁波過敏症の人はこれらを感じて悪い反応がでる、感じない人も少なからずそのノイズの影響を受けている、
アーシングは大切だけど、それらのノイズは体に良くない
体が慣れるというのはこのノイズになれてしまう事であると、海外で発信している人もいます。

それがすべてと断言してしまうだけではよくないという事が考えられます。

なぜかと言うと、厳密に言うと、これらのノイズは人が地面に立っても同じことで、人は導体なので、短いアース線のようなもの、環境によっては少なからず影響を受ける事は考えられます。

その為、体が慣れていない為という考えもございます。

・電磁波過敏症でない人もはじめ具合が悪くなる人もいます。
電磁波過敏症と診断される人は身の回りの電磁波の影響を感じて受ける人ですが、そうでない人もいます。

・そのノイズは電磁波対策をすることで全てではありませんが、ある程度対処することができるといういう事

・地面表面より、家のアースの方が抵抗が低く、地面深くに埋まっていて、アースする力が強いこのアースする力を敏感に感じでしまっている

・抵抗のないコードでのアーシングの方が調子がいい人も多くいる

・抵抗のないコードで悪い反応がでても、我慢して体を慣らすことで、快適にアーシングができるようにる人もいる

・電磁波の影響を受ずらい体質の人もいる

これらの事が実際にございます。

アースが集めるノイズが極力少ない接続方法は

・水道(地面に繋がっていない0Vなので抵抗が大きい)

・アース棒(極力コードが短くなるため)

まずこのような対処方法を試してみてもダメ場合は屋内でのアーシングが合わないではおやめいただくという判断をする方が良いかと思います。

 

当社では数万人の方々にグッズ使用して頂き、フィードバックを頂いき、一人ひとりに合わせて対処していただきながら解決方法を研究してきました。

今の現段階では、この2つの事が考えられるという事をご理解ください。