編集用 アーシングシーツの選び方・比較 改装するよ

ここではシーツの素材だけについての選び方になります。
アーシングシーツを使ってみたいけど、何種類かあってどれにしたらいいかわからないとお悩みの方!

選ぶ基準をご説明いたします!

まず、「コードを繋がないで、アーシングができる」「空気放電」するという商品説明に書いておられる業者さんがいますが、

これは、嘘です。コードを繋がなければアーシングはできません。

導電性のある素材では、コードを繋がなくても放電はしてくます。

なので、当社のコットンアーシングシーツでも放電してくれますし、ピュアシルバー100%シーツは全部銀なので、より放電し、生体電流を整えてくれます。

「アーシング」と「放電」は同じように感じるかもしれませんが、違うものになりますので、ご注意ください。

アーシングは大地と電気的に直接つながることです。現代の技術では、無線で大地に繋がることはできません。

 

日本で販売されているアーシングシーツは基本的には銀素材が入っているものと炭素素材が入っているものなどがあります。

今現在出回っているアーシングシーツは基本的には銀素材、炭素素材、銅素材、ステンレス素材など様々です。

結論から先に言えば、基本的に銀素材が一番アーシングに向いています。
よく当社のアーシング製品では「体の表面の静電気がパチパチなる」という方がいらっしゃいますが、「体の表面の静電気がパチパチなる」というのは抵抗が少なく一気に体の表面の静電気がアースに流れるためにパチパチなります。
抵抗が大きいと「体の表面の静電気がパチパチ」なりませんが、その分アーシングの効果が低いという事になります。

この静電気がパチパチならないようにするためのものは静電気除去製品でアーシンググッズとは少し違いますのでこれもご注意ください。

 

当社の銀素材のシーツは純銀を使用しています、見た目が同じ銀素材のシーツでも、質の良くないものは、純銀ではなく、銀に銅やニッケルが混ざっています。
そのような場合は機能不全を起こす原因にもなると言われています。

 

 

布の素材

※金属系の素材は、わかりやすく言うと、アクセサリーで考えてください。
もちろん金や、プラチナの方がいいですが、それを除いたら、銀が一番高価で、銅、ステンレスという感じになります。

電気を通す素材の説明になります。

これらが、コットンの生地に編み込まれていたり、全部銀の素材だったりと、シーツとなっています。
素材と、生地の作りも関係してきます。

 

●シルバー(銀)

銀は電気を通す力は強く、人が直接触れる素材としてもアーシングする素材としても最適な素材です。
銀イオンの効果、抗菌消臭、バクテリアの発生を抑える、人の熱を奪いにくいなどの銀特有の効果があります。
金属アレルギーでも金属と汗が反応してアレルギーが起きるので間に生地を挟むことで問題なく使用できます。

素材の寿命は洗濯回数、使用時間、皮脂や汗の量なども関係してきますが、平均1年程とお伝えしております。汗、皮脂の多い方は油分が付着してしまったり、お肌のクリームなどが付着することによって寿命が短くなってしまう場合もございます。
あとは、洗濯回数も関係してきますので、毎週洗濯する方は寿命が1年もたなかったり、洗濯回数を出来るだけ少なくお使いいただいている方などは2年ほど問題なく使用できている方もいらっしゃいます。

そして他社とのシーツとの違いは、実物を顕微鏡で見ないとわかりませんが、当社のシーツの生地の銀糸は本物なので純度が高く綺麗な銀です。
品質のあまり良くないものは銀糸への加工の工程の問題や銀に銅やニッケルを混ぜていますので初めから少し黒ずんでいます。
※比較の写真準備中

もう一つ注意が必要です。
コットンシーツ(スタンダード)を例に挙げると、
見たが同じものでも、
当社の素材の表記は、シルバー3%/コットン97%
ですが、他社すべての製品は
シルバー5%/コットン95%
と表記しています。
これは広告の為、嘘の表記になります。
中国ではこのようなことがよくあります。
銀の量は当社も同じです。

●カーボン(炭素)

炭素は人の元素には必要な記号なので人が触れるには適している素材。
電気を通す力は銀より良くないが安価で耐久性はある
合成繊維のため、化学物質過敏症の方はシルバー製品をお勧めします。

 

●銅素材

銅も銀と同じ導電性があります。銅も銅イオンがコロナウィルスを殺菌すると言われていたりと、銅イオンの殺菌作用もよいと言われていますが、
銅素材では、本物の銅が使われていることはないでしょう。
なぜかというと銅は、銀よりも酸化しやすいので、寿命が短いです。
日本でも、銅素材のアーシングシーツが売られていますが、実は本物の銅ではなく、半導体の硫化銅です。
硫化銅は奇形の原因にもなります。
開発元に問い合わせたところ悪いものは除去しているとは言っていましたが、もともとは静電気除去のためのものなので、常に人が直接肌で触れるという事を想定していないものではありますので、これに関しては注意は必要かもしれません。
洗濯してもあまり導電性が落ちないという検証もされていますが、これはただ洗濯しただけで、この生地は汗には弱いとおっしゃっていましたので、シーツとして使用した場合はどれ位の寿命なのは正直わかりません。

●ステンレス素材

ステンレス素材は10年以上まえから、銀のシーツができる前のかなり古いタイプのものです。洗濯に強く丈夫ですが、生地が固いゴワゴワしているものになります。
そしてアレルギーのでやすい素材でもあります。アクセサリーで想像してみてください。
もう一つステンレスの欠点は銀や銅よりも抵抗率が少し高く、長距離導電性がありません。
寿命が長いという売り文句で販売していますが、やはり直接肌に触れる素材は銀が一番いいです。

 

 

シーツの選び方について

素材 寿命 値段目安
シングルサイズ
コットンシルバーシーツ 銀/コットン100% 平均1年 9800円
ピュアシルバー100%シーツ 銀100% 3~5年 20800円
カーボンシーツ 炭素/ポリエステル 2~3年 9800円
ベットパット 炭素/レザー 2~3年 9800円

コットンシルバーシーツ

 

・ハーフサイズ140×98cm
ハーフサイズでシーツクリップがないので、寝るときでしたらずれやすいです。

・シングル~セミダブル200×140㎝
布団サイズ~セミダブルの厚さ25cmまでのマットレスまで対応可能です。もっと長いシーツクリップを別で購入すれば厚みはあっても使用可能

・ダブル210×250㎝
もっと長いシーツクリップを別で購入すれば厚みはあっても使用可能

生成りのコットン100%のシーツに銀糸が織り込まれています。
直接触れる素材としては一番いい生地です。
汗、皮脂などを吸うことで変色、寿命は1年ほどです。
上に薄い生地を敷いてもアーシングできます。
ピローケースの場合は、頭皮の油が多いの寿命が早くなりやすいですので、
薄いタオルなどを敷いてお使いいただくことをおすすめしています。

ピュアシルバー100%シーツ

・ハーフサイズ140×98cm
ハーフサイズでシーツクリップがなくでも、上にベットパットなどを敷けばずれにくいです。

・シングル~セミダブル200×140㎝
布団サイズ~セミダブルの厚さ25cmまでのマットレスまで対応可能です。もっと長いシーツクリップを別で購入すれば厚みはあっても使用可能

・ダブル210×250㎝
もっと長いシーツクリップを別で購入すれば厚みはあっても使用可能

すべて純銀100%の糸で編み込まれた素材です。
銀の量が多い分電気を通す力、銀特有の性能は強いです。
電磁波のシールド性能もあります。
基本的にはお布団の一部として、上にベットパットなどを敷いてお使いいただきます。
少し厚めのベットパットをしいてもコットンシーツと変わらずアーシングができます。
洗濯もほとんど必要ありません。
寿命は3~5年

カーボンシーツ

・ハーフサイズ140×98cm
ハーフサイズでシーツクリップがないので、寝るときでしたらずれやすいです。

・シングル~セミダブル200×140㎝
布団サイズ~セミダブルの厚さ25cmまでのマットレスまで対応可能です。もっと長いシーツクリップを別で購入すれば厚みはあっても使用可能

 

ポリエステルでツルツルした感じ
上にシーツを敷いてお使いいただきます。
寿命は2~3年

ベットパット

・シングルサイズ180×70cm
布団からマットレスまで使用可能、施術ベットにちょうどいいサイズ

・ダブルサイズ180×140cm
布団からマットレスまで使用可能

通気性のある薄いレザー素材
上にシーツを敷いてお使いいただきます。
寿命は2~3年

寝具 |カテゴリー

 

 

●始めにアーシング測定キットは必要?

基本的にはアースは接続口があれば、ちゃんとつながっているのですが、たまに繋がっていないことがあります。
そして、アーシングは体感に個人差があるので、何も感じない方もいらっしゃいます。
それらをめでみて確認するのが「アーシング測定キット」
始めに買う方もいれば、後で、買う方もいます。
ご予算に応じて、初めにできるだけ初期投資を抑えたい場合は、初めには必要ありません。
セットで買うと少しお得になってはいます。

セット |カテゴリー

 

 

 

 

 

 

 

アーシンググッズの使い方 一覧へ⇒